Home > 『労働調査』 > 2022年
2024年 2023年 2022年 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年 1997年 1996年

2024年

1月号

【New Wave】

時間外労働の上限規制に対応する電工建設現場の現状

城倉 一晃(全国電力関連産業労働組合総連合 組織局長)

【かいがい発】

自国との距離

鈴木 庸子(日伊語通訳翻訳家)

労調協理事、新年を語る

新たな年を、ジェンダー平等・多様性推進の年に

清水 秀行(連合・事務局長)

新たな気持ちで

中澤 清孝(電機連合・書記長)

飛躍して力強く、労働運動を前進

十川 雅之(NTT労働組合中央本部・事務局長)

涙あり笑いあり

安達 正美(日本郵政グループ労働組合(JP労組)・書記長)

今思う事~ 一日一日を大切に、今年も頑張ります ~

伊藤 功(自治労・書記長)

年初に思うこと

石橋 学(基幹労連・事務局長)

特集 組織拡大のこれから

組織拡大の二つのターゲット

中村 圭介(東京大学名誉教授、Rengoアカデミー・マスターコース教務委員長)

〈インタビュー〉連合における組織拡大の取り組み

河野 広宣(連合 総合組織局 総合局長)
畠山 薫(連合 組織拡大局 局長)

【調査報告】

NTT労組自治体議員団統一調査「新型コロナウイルスとデジタル化に関するアンケート」

情報労連・NTT労組自治体議員団

【Research Box】

労働組合員数は1,000万人を下回り、推定組織率は16.5%

-厚生労働省「労働組合基礎調査」より-

【特別寄稿】

オーストラリアにおける非正規労働者と正規労働者の分断を超えた連帯と労働運動

-オーストラリア国立大学教職員組合のストライキの事例から-
横田 伸子(関西学院大学 社会学部 教授)

[ワンポイント・ブックレビュー]

田中洋子編著『エッセンシャルワーカー――社会に不可欠な仕事なのに、なぜ安く使われるのか』旬報社(2023年)

▲Top

2024年 2023年 2022年 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年 1997年 1996年