Home > 『労働調査』 > 2018年
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年 1997年 1996年

2018年

1月号

【New Wave】

母と私の、異文化との出会い直しの話

則松 佳子(日本教職員組合・書記次長)

【かいがい発】

日本行き“幸福列車”のその先は? 〜急増する在留ベトナム人〜

梅本 千佐子(日本語教師、在ベトナム・ハイフォン市)

労調協理事、新年を語る

新しい年を迎えて

相原 康伸(連合・事務局長)

年初に思うこと〜真の働き方改革の実現に向けて〜

神保 政史(電機連合・書記長)

いま、私たち労働組合の存在価値が問われている!

平田 雅則(NTT労働組合 中央本部・事務局長)

いつも思うことだが…

福島 嘉人(自治労・書記長)

年賀状のつぶやき

石川 幸コ(日本郵政グループ労働組合(JP労組)・書記長)

世界の働く仲間とともに

弥久末 顕(基幹労連・事務局長)

特集 労働組合における調査活動の意義

  1. 新・労働組合の労働組合による労働組合のための調査論

    逢見 直人(連合・会長代行)
  2. 社会調査と調査データのアーカイビング

    佐藤 香(東京大学・社会科学研究所・教授)
  3. 労働組合の賃金調査活動の意義

    松田 武彦(労働問題研究家)
  4. 調査を活用するために

    間淵 領吾(関西大学・社会学部・教授)

【第21回労働調査セミナー報告】

「同一労働同一賃金」の衝撃

山田 久(株式会社 日本総合研究所 理事/主席研究員)

[ワンポイント・ブックレビュー]

湯浅誠著『「なんとかする」子どもの貧困』角川新書(2017年)

▲Top

2月号

【New Wave】

風化させてはならない大震災の記憶−教訓を活かし危機管理の見直しを

木 晋(日本郵政グループ労働組合(JP労組)・中央執行委員)

【かいがい発】

ブレクジット後のイギリス労働市場

山下 順子(ブリストル大学 社会学・政治学・国際関係学研究科 上級講師)

特集 勤労者の生活の現状と今後の課題

2017年度生活実態調査総括報告

賃金改善は実現したものの実感されない生活のゆとり
 賃上げと同時に求められる将来不安の払拭

労働調査協議会

調査実施組合からの報告

  1. 自動車総連

    伊藤 純一(労働政策局部長)
  2. 電機連合

    坂尾 布由子(労働調査部・書記)
  3. 基幹労連

    平松 賢治(政策企画局・主任)
  4. 公務労協

    林 義倫(事務局次長)

[ワンポイント・ブックレビュー]

ブレイディみかこ著『労働者階級の反乱〜地べたから見た英国EU離脱』光文社新書(2017年)

▲Top

3月号

【New Wave】

ちょっと考えてみましょう!

山本 昌弘(連合・企画局長)

【かいがい発】

半島からの眺め

鈴木 庸子(イタリア語通訳・翻訳家)

特集 ヨーロッパにおける労働事情

  1. 集団的労使関係の再生のために国家は何をすべきか?

    −ドイツにおける最近の政策動向から見えてくるもの
    山本 陽大((独)労働政策研究・研修機構 研究員(労働法))
  2. フランス労働契約理論の一世紀

    三井 正信(広島大学教授・弁護士)
  3. 地域社会でともに生きる;「イタリア的」働き方とは?

    小寺 京子(明星大学人文学部 兼任講師)
    藥師 実芳(特定非営利活動法人ReBit・代表理事)

【参考資料】

第6回 欧州労働条件調査 概括レポート

Eurofound(生活労働条件改善財団)

[ワンポイント・ブックレビュー]

佐々木 彈(著)『統計は暴走する』中公新書ラクレ(2017年)
伊藤 公一朗(著)『データ分析の力 因果関係に迫る思考法』光文社新書(2017年)

▲Top

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年 1997年 1996年