Home > 『労働調査』 > 2018年
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年 1997年 1996年

2018年

1月号

【New Wave】

母と私の、異文化との出会い直しの話

則松 佳子(日本教職員組合・書記次長)

【かいがい発】

日本行き“幸福列車”のその先は? 〜急増する在留ベトナム人〜

梅本 千佐子(日本語教師、在ベトナム・ハイフォン市)

労調協理事、新年を語る

新しい年を迎えて

相原 康伸(連合・事務局長)

年初に思うこと〜真の働き方改革の実現に向けて〜

神保 政史(電機連合・書記長)

いま、私たち労働組合の存在価値が問われている!

平田 雅則(NTT労働組合 中央本部・事務局長)

いつも思うことだが…

福島 嘉人(自治労・書記長)

年賀状のつぶやき

石川 幸コ(日本郵政グループ労働組合(JP労組)・書記長)

世界の働く仲間とともに

弥久末 顕(基幹労連・事務局長)

特集 労働組合における調査活動の意義

  1. 新・労働組合の労働組合による労働組合のための調査論

    逢見 直人(連合・会長代行)
  2. 社会調査と調査データのアーカイビング

    佐藤 香(東京大学・社会科学研究所・教授)
  3. 労働組合の賃金調査活動の意義

    松田 武彦(労働問題研究家)
  4. 調査を活用するために

    間淵 領吾(関西大学・社会学部・教授)

【第21回労働調査セミナー報告】

「同一労働同一賃金」の衝撃

山田 久(株式会社 日本総合研究所 理事/主席研究員)

[ワンポイント・ブックレビュー]

湯浅誠著『「なんとかする」子どもの貧困』角川新書(2017年)

▲Top

2月号

【New Wave】

風化させてはならない大震災の記憶−教訓を活かし危機管理の見直しを

木 晋(日本郵政グループ労働組合(JP労組)・中央執行委員)

【かいがい発】

ブレクジット後のイギリス労働市場

山下 順子(ブリストル大学 社会学・政治学・国際関係学研究科 上級講師)

特集 勤労者の生活の現状と今後の課題

2017年度生活実態調査総括報告

賃金改善は実現したものの実感されない生活のゆとり
 賃上げと同時に求められる将来不安の払拭

労働調査協議会

調査実施組合からの報告

  1. 自動車総連

    伊藤 純一(労働政策局部長)
  2. 電機連合

    坂尾 布由子(労働調査部・書記)
  3. 基幹労連

    平松 賢治(政策企画局・主任)
  4. 公務労協

    林 義倫(事務局次長)

[ワンポイント・ブックレビュー]

ブレイディみかこ著『労働者階級の反乱〜地べたから見た英国EU離脱』光文社新書(2017年)

▲Top

3月号

【New Wave】

ちょっと考えてみましょう!

山本 昌弘(連合・企画局長)

【かいがい発】

半島からの眺め

鈴木 庸子(イタリア語通訳・翻訳家)

特集 ヨーロッパにおける労働事情

  1. 集団的労使関係の再生のために国家は何をすべきか?

    −ドイツにおける最近の政策動向から見えてくるもの
    山本 陽大((独)労働政策研究・研修機構 研究員(労働法))
  2. フランス労働契約理論の一世紀

    三井 正信(広島大学教授・弁護士)
  3. 地域社会でともに生きる;「イタリア的」働き方とは?

    小寺 京子(明星大学人文学部 兼任講師)

【参考資料】

第6回 欧州労働条件調査 概括レポート

Eurofound(生活労働条件改善財団)

[ワンポイント・ブックレビュー]

佐々木 彈(著)『統計は暴走する』中公新書ラクレ(2017年)
伊藤 公一朗(著)『データ分析の力 因果関係に迫る思考法』光文社新書(2017年)

▲Top

4月号

【New Wave】

10年ぶりの中国訪問

武市 浩二(自動車総連・副事務局長)

【かいがい発】

国家記憶院改正法のもたらすもの

茂木 規江(アダム・ミツキェヴィチ大学 言語学科・講師)

特集 貧困問題の現状と対応

  1. 教育と貧困への一考察

    ―子どもの貧困と日本の高等教育・奨学金制度―
    山木 正博(日本教職員組合・書記次長)
    福澤 富美代(日本教職員組合・教育文化局長)
  2. 子どもをとりまく貧困の現状

    ―「背もたれのない社会」から一人で抱え込まなくてもいい社会へ―
    村尾 政樹(公益財団法人あすのば・事務局長)
  3. 現代日本の貧困の様相

    ―「労働」と「つながり」から―
    結城 翼(認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい 生活相談・支援事業コーディネーター)
  4. 母子世帯の貧困

    ―高齢期への視点―
    吉中 季子(神奈川県立保健福祉大学・保健福祉学部・准教授)
  5. 家族の変化と貧困問題

    −日本で貧困が生じるロジック−
    山田 昌弘(中央大学・文学部・教授)

【Research Box】

相対的貧困率は15.6%、ひとり親世帯の貧困率は5割

−厚生労働省「国民生活基礎調査」より−

【参考資料】

「子供の貧困に関する新たな指標の開発に向けた調査研究」報告書(抜粋)

内閣府

[ワンポイント・ブックレビュー]

大和田敢太著『職場のハラスメント なぜ起こり、どう対処すべきか』中公新書(2018年)

▲Top

5月号

【New Wave】

山形から東京へ3年目−現場の思いを忘れずに−

舩山 整(自治労・総合企画総務局長)

【かいがい発】

アメリカ南部で暮らすということ

賀茂 美則(ルイジアナ州立大学社会学部・教授 学部長)

特集 非正規労働の現状と労働組合の役割

  1. パートタイマーの組織化は本当に役に立っているのか?

    本田 一成(國學院大學・教授)
  2. 非正規労働者の現状と労働組合の役割

    石黒 生子(連合・非正規労働センター 総合局長)
  3. 雇用形態を超えて誰にでもやさしい暮らしと働き方を目指して

    −UAゼンセン短時間組合員の処遇改善の取り組み−
    永井 幸子(UAゼンセン・常任中央執行委員 短時間組合員総合局長)
  4. 郵政職場における非正規雇用社員の組織化の概況と雇用労働条件の改善に向けた取り組み

    木 晋(日本郵政グループ労働組合・中央執行委員)
  5. 同一労働不同一賃金が横行する公務世界

    上林 陽治(公益財団法人 地方自治総合研究所・研究員)
  6. 派遣労働者の組織化と雇用安定への模索

    関口 達矢(全国コミュニティ・ユニオン連合会・事務局長/派遣労働ネットワーク・理事)
  7. 連合総研・非正規労働の現状と労働組合の対応に関する国際比較調査

    〜雇用の多様化に対する労働組合の取り組み〜
    杉山 豊治(公益財団法人 連合総合生活開発研究所・副所長)

【Research Box】

正社員・正職員以外の賃金は正社員・正職員の65.5、短時間労働者の1時間当たりの賃金は1,096円

−厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査」(2018年2月)−

【参考資料】

改正労働契約法について

[ワンポイント・ブックレビュー]

エドワード.P.ラジアー著(樋口美雄・清家篤訳)『人事と組織の経済学』日本経済新聞出版社(1998年)

▲Top

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年 1997年 1996年