Home > 『労働調査』 > 2004年
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年 1997年 1996年

2004年

1月号

【New Wave】

新春怒りぞめ

山口 洋子(サービス・流通連合・中央執行委員)

【かいがい発】

多様性の中の統合

−2004年のヨーロッパ−
新井 力(連合ヨーロッパ事務所・所長)

労調協理事、新年を語る

衆議院総選挙を終えて思うこと

草野 忠義(連合・事務局長)

避けて通れない憲法論議

大福 真由美(電機連合・書記長)

「内外に課題山積」明日を切り拓く決意を新たに

石津 博士(情報労連・副委員長/NTT労働組合・事務局長)

東京都に唯一、日本百名山に名を連ねる大都市東京の最高峰、雲取山(2017.7メートル)に登ってきた

児玉 洋二(基幹労連・事務局長代行)

そもそも論を抜きにした現実的対応に危惧

金子 成一(全逓信労働組合・副執行委員長)

炎の画家・ゴッホ

人見 一夫(自治労・委員長)

特集 諸外国の最新労働事情

  1. イギリス公共部門の民営化と労使関係

    上林 千恵子(法政大学社会学部・教授)
  2. 年金改革で走ったフランス労働運動の亀裂

    長部 重康(法政大学経済学部・教授)
  3. 賃金協約を柱としたコーポラティズムは行き詰まるのか?

    −ドイツの労働事情−
    竹内 治彦(岐阜経済大学経営学部・教授)
  4. イタリアにおける労働事情;EU統合と労働市場改革

    小寺 京子(中央大学文学部・兼任講師)
  5. 片翼飛行から両翼飛行へ、そして社会改革へ…

    −中国工会第14回全国代表大会と工会の新たな組織領域拡大の取り組み−
    千嶋 明((財)社会経済生産性本部社会労働部内・労働研究センター・研究員)
  6. 韓国の労働事情

    呉 学殊(労働政策研究・研修機構・研究員)

【Research Box】

欧米に比べて極めて低い管理職比率、男女格差の大きい賃金

−国際比較でみた日本の女性労働の一側面−
内閣府編「平成15年版男女共同参画白書」より

▲Top

2月号

【New Wave】

「わかったっこと、変わったこと」

岡野 栄(連合・総合企画局長)

【かいがい発】

ベトナムで見た民営化の現場

伊藤 栄一(UNI-Apro・東京事務所長)

特集 労働組合の自主福祉活動

  1. 勤労者福祉事業としての全労済

    「一人は万人のために、万人は一人のために」
    鷲尾 悦也(全労済・理事長)
  2. 電機連合における共済活動の現況と今後の課題

    鈴木 利文(電機連合福祉共済センター・常務理事)
  3. 全ての教職員に『なくてはならない存在』を目指して

    若見 晃(教職員共済生活協同組合・専務理事)
  4. セーフティーネットとしての共済

    中村 一穂(ポストライフ(全逓共済生協)・常務理事)
  5. 中長期を展望し共済事業の安定と発展をはかるために

    細井 一良(電通共済生協・専務理事)
  6. 労働組合運動の転換と自主福祉運動

    石川 両一(龍谷大学経済学部・教授)

【特別寄稿】

労働組合に未来はあるか?

−再活性化のキーは何処にありや−
小林 良暢(グローバル産業雇用総合研究所・所長)

労働組合の社会的・国民的課題への取り組みについて

白石 利政(労働調査協議会・常務理事)

【Research Box】

福利厚生に関する企業・従業員間の認識の違いが浮き彫りに

(財)生命保険文化センター「企業の福利厚生制度調査」より

[ワンポイント・ブックレビュー]

香山リカ『若者の法則』岩波新書(2002年)

荷宮和子『若者はなぜ怒らなくなったのか』中公新書ラクレ(2003年)

▲Top

3月号

【New Wave】

あ、あ、50年! 歴史は繰り返す

大塚 敏夫(自治労・企画局長)

【かいがい発】

民主主義と王制

レグランド 塚口 淑子(ストックホルム大学 スエーデン社会研究所・シニアリサーチャー)

特集 2003年度生活実態調査・家計調査総括報告

  1. 家計収支は好転の兆し、変わらぬ将来不安と消費抑制

    ─2003年度家計調査・生活実態調査総括報告─
    労働調査協議会
  2. 勤労者家計構造の日独比較

    色川 卓男(静岡大学・助教授)

【調査報告】

2003年版 電機労働者の生活白書

電機連合

2003年度公務員労働者の生活実態に関する調査報告

公務員労働組合連絡会

【Research Box】

生活評価は引き続き低下傾向、高まる収入・資産への不安

内閣府「国民生活に関する世論調査」より

[ワンポイント・ブックレビュー]

ジョアン・キウーラ著、中島 愛訳『仕事の裏切り─なぜ、私たちは働くのか』祥翔泳社(2003年)

▲Top

4月号

【New Wave】

人口減社会

近藤 治郎(自動車総連・事務局次長)

【かいがい発】

知られざる国、ラオスの苦悩と魅力

八木沢 克昌(シャンティ国際ボランティア会(SVA)ヴィエンチャン事務所長兼アジア地域事務所長)

特集 基幹労働力化するパート労働者と労働組合

  1. パート労働者の労働条件を改善するための労働組合の取り組み課題

    吉宮 聰悟(日本労働組合総連合会・総合男女平等局長)
  2. 非正規(パート)社員への労働組合の取り組み

    渡辺 理(UIゼンセン同盟組織局・組織部長)
  3. 変化する雇用形態の組合せと労働組合の取り組み

    末吉 武嘉(高島屋労働組合・中央執行委員)
  4. サイゼリヤユニオン・パートタイマー組合員化の取り組み

    石井 厚(UIゼンセン同盟サイゼリヤユニオン・中央執行書記長)

【資料】

  1. 労働政策審議会雇用均等分科会報告「今後のパートタイム労働対策の方向について」

  2. 連合「パート労働者の均等待遇・組織化を進めるためのチェックシート(抜粋)」

  3. 厚生労働省「改正パートタイム労働指針のポイント」

    ─パートタイム労働の現状とパートタイム労働法のあらまし─
    (平成15年度版より抜粋)

【調査報告】

雇用管理の現状と新たな働き方の可能性に関する調査研究報告書

(財)連合総合生活開発研究所

【Research Box】

急増するパート、追いつかない労働組合の組織化

連合「パートタイム労働者等実態調査より

[ワンポイント・ブックレビュー]

高橋 伸夫著『虚妄の成果主義─日本型年功制復活のススメ』日経BP社(2004年)

▲Top

5月号

【かいがい発】

海外における子供の教育

矢木 孝幸(在アメリカ合衆国日本国大使館・一等書記官)

LRC・2003年度共同調査中間報告

若者はいま─新しいライフスタイルを求めて─

(正誤表)

労働調査協議会

特集 現場の技能伝承

  1. 高度熟練技能の重要性とその継承

    海野 邦昭(職業能力開発総合大学校・生産機械工学科・教授)
  2. 機械金属産業の生産職場における技能伝承

    清水 宣行(JAM産業・業種政策局・次長)
  3. 印刷局職場における技能伝承

    北川 和雄(全印刷局労働組合・中央執行委員)

[ワンポイント・ブックレビュー]

佐藤 博樹・武石恵美子著『男性の育児休業―社員のニーズ、会社のメリット』(中公新書)

【New Wave】

「無関心」の解消を!

長塚 義治(全逓信労働組合中央本部・中央執行委員)

▲Top

6月号

【かいがい発】

日本と南アの相違点、共通点

齋藤 亮

特集 非典型労働者の組織化

  1. イギリスにおける労働組合の組織化状況とパートタイム労働者の組織化

    林 大樹(一橋大学社会学研究科・教授)
  2. アメリカにおける非典型労働者の組織化の取り組み

    田原 孝明((独)労働政策研究・研修機構 研究調整課長)
  3. “元気に、楽しく、はげしく”非正規労働者とともにたたかっていきたい

    鴨 桃代(全国ユニオン・会長)
  4. パートタイマーの組織化と今後の課題・方向性

    宮島 康彦(日本サービス・流通労働組合連合政策局・部長)
  5. 臨時採用教職員の組織化について

    岩崎 雅崇(日本教職員組合・中央執行委員(臨時採用教職員担当))
  6. 法律の谷間に置かれ、労働条件の改善が進まない自治労非正規職員

    −自治労組織局・自治労産別建設センター・局次長 相原久美子氏に聞く−
  7. 「パート・アルバイト働き方アンケート調査」を通して見えた課題

    −「均等待遇実現」と組織化にむけて、できることからまず取り組みを
    脇本 ちよみ(連合大阪・副事務局長(政策・男女平等グループ))

【Research Box】

女性新規学卒者の4人に1人はパートタイマー

−最近の各種官庁統計より−

[ワンポイント・ブックレビュー]

佐藤 博樹編著『変わる働き方とキャリアデザイン』勁草書房(2003年)

【New Wave】

「一緒に育児」

大掛 みか(東京電力労働組合本店総支部・常任執行委員)

▲Top

7月号

【New Wave】

未来に希望を市場原理の拡大でなく、協力原理にもとづく社会へ

小林 良一(NTT労働組合・総合企画部長)

【かいがい発】

変わるMade in Italyの現場 南イタリアのある試み

鈴木 庸子(ナポリオリエンターレ大学・政治学部講師)

特集 労働組合とNPO

  1. アメリカのNPOと労働運動 社会変革にむけた連携と緊張

    柏木 宏(大阪市立大学大学院創造都市研究科・教授)
  2. NPO・NGOの役割と労働組合

    平田 哲(特定非営利活動法人アジアボランティアセンター・代表)
  3. 労働組合とNPO─協働の可能性の検討─

    宇都木 法男(NPO事業サポートセンター・専務理事)
  4. どうする労働組合とNPO

    長村 潔(IMF-JC(金属労協)・事務局次長)
  5. ネットワークで作る「共生」の地域社会

    ─連合埼玉におけるネットワークSAITAMA21運動─
    佐藤 宏(連合埼玉・事務局長)

【調査報告】

2003年NPO法人活動実態調査

独立行政法人 経済産業研究所

【Research Box】

企業からみたNPOの存在と従業員ボランティア意識の高まり

─(社)日本経済団体連合会「2002年度社会貢献活動実績調査」より─

[ワンポイント・ブックレビュー]

丸楠恭一、坂田顕一、山下利恵子著『中公新書ラクレ134 若者たちの《政治革命》組織からネットワークへ』中央公論新社(2004年)

▲Top

8月号

【New Wave】

「庶民の目線やこころ」ということ

菅井 義夫(UIゼンセン同盟・副会長)

【かいがい発】

英国のファミフレと住民税

脇坂 明(学習院大学経済学部・教授)

特集 コンプライアンスと労働組合

  1. 公益通報者保護制度と労働組合

    宮坂 純一(奈良産業大学経営学部・教授)
  2. CSRの推進と労働組合の役割

    浅井 茂利(金属労協政策局・部長)
  3. コンプライアンスに関する損保労連の取り組み

    松野 泰久(損保労連・中央執行副委員長)
  4. 「食の安全・安心」の確立、コンプライアンスに関するフード連合の取り組み

    ―消費者の信頼回復に向けて―
    弥富 洋子(フード連合・政策局長)
  5. 「不正の未然防止体制整備要綱」について

    自治労本部・調査部

【資料】

公益通報者保護法の概要

内閣府

【Research Box】

個人、企業とも多数が必要性を認める公益通報者保護制度

─各種調査より─

[ワンポイント・ブックレビュー]

仲正昌樹著『「不自由」論─何でも「自己決定」の限界』ちくま新書(2003年)

▲Top

9月号

【New Wave】

子どもの絵、子どもの目

中村 譲(日本教職員組合・書記長)

【かいがい発】

Individual Incentive Pay と Group Incentive Pay

加藤 隆夫(コルゲート大学経済学部教授 コロンビア大学日本経済経営研究所特別研究員)

特集 成果主義と労働組合

  1. 成果主義と労働組合の課題

    今野 浩一郎(学習院大学・経済学部教授)
  2. 人材価値向上型の成果主義を目指し

    守島 基博(一橋大学大学院・商学研究科教授)
  3. 電機産業における賃金制度改定の動向と労働組合の取り組み

    加藤 昇(電機連合・賃金政策部長)
  4. 成果主義的賃金・人事処遇制度の導入事例と労働組合の対応

    神埜 一雄(UIゼンセン同盟・政策局副部長)
  5. 成果主義について考える

    石井 繁雄(情報労連・政策調査室次長)
  6. 能力・成果重視型人事・賃金処遇制度の導入拡大に対する労働組合の対応

    吉田 和道(JEC連合・JEC総研労働政策局長)
  7. 成果主義的賃金・人事処遇制度の導入拡大に対して

    木住野 徹(JAM・労働政策局長)
  8. 成果主義的賃金制度の導入状況と問題点

    栗田 博(フード連合・労働局長)

【Research Box】

成果主義の普及は職場をどう変えたか

―独立行政法人労働政策研究・研修機構「労働者の働く意欲と雇用管理にあり方に関する調査」より―

[ワンポイント・ブックレビュー]

玄田有史・曲沼美恵著 『ニート』幻冬舎(2004年)

▲Top

10月号

【New Wave】

「金木犀と改革」

山口 洋子(サービス・流通連合・中央執行委員)

【かいがい発】

ICFTU宮崎大会

新井 力(連合ヨーロッパ事務所・所長)

特集 労働協約改定の取り組みについて

  1. 電機連合としての労働協約の取り組み

    篠原 淳子(電機連合労協・法規政策部長)
  2. 私鉄産別の労働協約をめぐる取り組み

    坂井 克行(私鉄総連・企画調査局書記)
  3. 公共民間労組と労働協約

    小畑 精武(自治労・公共サービス民間労組協議会事務局長)
  4. 地域労働協約へ挑戦する企業と奮闘する金属労組

    ―ドイツ金属産業における労使関係の現局面―
    高橋 友雄((財)連合総合生活開発研究所 主任研究員)

【特別寄稿】

大阪市従業員労働組合「総合政策シンクタンク」の取り組み

大阪市従業員労働組合

【第8回労働調査セミナー(2004年9月16日開催)】

日本企業の賃金改革を検証する

都留 康(一橋大学教授)

年収1/2時代の再就職

野口 やよい(フリーライター)

[ワンポイント・ブックレビュー]

根岸康雄著『万国「家計簿」博覧会』小学館(2004年)

▲Top

11・12月号

【New Wave】

あっという間に過ぎた1年

岡野 栄(連合・総合企画局長)

【かいがい発】

民営化問題とアジアのPSI加盟組合

佐藤 克彦(PSIアジア太平洋地域・事務所長)

特集I 実質的な男女平等と間接差別禁止

  1. 雇用平等の立法課題

    浅倉 むつ子(早稲田大学大学院法務研究科・教授)
  2. 間接差別の禁止をめぐる日本の課題

    相澤 美智子(一橋大学専任講師)
  3. 実質的な男女平等をめざして

    ―連合の均等法施行に関する調査から―
    吉宮 聰悟(連合・総合男女平等局長)

<参考資料>

連合男女雇用機会均等法改正要求(2004年10月)

【特別寄稿】

日本の労働組合におけるフルタイム役職員

川島 千裕(連合総合生活開発研究所・研究員)
成川 秀明(連合総合生活開発研究所・上席研究員)

特集II 労調協の仕事、この1年

共同調査

労調協
若者はいま―新しいライフスタイルを求めて―

労働条件

連合
2003年度連合構成組織の賃金・一時金・退職金

生活実態

電機連合
電機労働者の生活白書

女性労働

連合
男女雇用機会均等法施行後の職場実態に関する調査

その他

NTT労組議員団
公的年金制度に関するアンケート調査

その他

自治労
第8回自治労組織基本調査

『労働調査』バックナンバー(2004年1月〜12月)

[ワンポイント・ブックレビュー]

日経新聞社編『働くということ』日経新聞社(2004年)

▲Top

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年 1997年 1996年